睡眠コラム

睡眠は、質を取るか?量をとるか?

夜ベッドに入ると5分もせずに眠りに落ちる、自分はどこででも寝られる!と思っているのに、一方で、毎日しっかり寝ているはずなのに、なぜかすっきり目覚められない、何度も寝直してしまうという方多いのではないでしょうか?実は睡眠は量よりも質が大切です。質を高めるための方法とは何でしょうか?

五月病と睡眠と休息

もうすぐゴールデンウイークがやってきます。今年は10連休という超大型連休で、楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?しかしながら、一方で毎年、ゴールデンウイークが終わったころに忍び寄ってくる「五月病」に今から憂鬱な気持ちになる人もいるのでは?五月病を上手に乗り切る方法とは?

会議中の睡魔に勝つ方法

重要な会議なのについ居眠りしてしまうことはありませんか。そもそもの寝不足が原因の場合は、大事な会議の前日は十分に睡眠を取るようにしましょう。会議が午後の時は、ランチは血糖値が上がりにくいものにしたり、紅茶などカフェイン入りのものを摂取するのも手です。会議中には深呼吸やツボのマッサージなど睡魔と戦ういろいろな方法があります。

実は危険!?お風呂へのうたた寝

お風呂に入り、気持ちよくなってついウトウトしてしまうことはありませんか。実は、それはとても危険な可能性があります。急激に身体が温まることで、心臓が脳に十分な血液を送れなくなり、酸欠状態になってしまうことで、脳貧血を起こしたり失神する危険性があるのです。お風呂へ入る前に水分補給をしっかりし、長く入りすぎないようにしましょう。

眠れ過ぎて困っていませんか?過眠症とは。

睡眠障害といえば、不眠症や睡眠負債など眠れないことだけを指すと思っていませんか?実は十分な睡眠時間を取ったのに日中眠くて仕方ない、眠り過ぎてしまうといった悩みをお持ちの方もおり、これは「過眠症」という、れっきとした睡眠障害の一つなのです。

なぜ疲れているのに眠れないの?

4月は新学期、新年度で新しい環境や仕事をスタートされる人が多い季節。初めての仲間に初めての仕事、緊張の連続で帰宅するころにはぐったりしている方も多いことでしょう。 入浴を済ませ、いざベッドへ入り電気を消して眠りの準備へ。しかし、疲れているはずなのになかなか眠りにつけない。こういった経験は誰にでも一度はあることだと思います。なぜ、疲れているのに眠ることができないのか、その原因と対処を見ていきたいと思います。

勉強時間と睡眠時間、子供に必要なのはどっち?

春に塾や習い事を始める子どももいると思います。子どもは大人よりも長く睡眠を必要とします。学校や習い事で時間がとられると、自由時間が残り少なくなり、睡眠時間を削ってしまう子どももいるかもしれません。ただ、睡眠は記憶の定着や感情や記憶を司る海馬の成長に影響します。バランス良い生活が送れるよう気を付けましょう。

連休に負けない生活作り、規則正しい生活を今から

取り巻く環境がこれまでとは全く変わる人も多い春。今年は、4月末に10連休があり、せっかく4月に規則正しい生活に切り替えられても、連休で再び乱れた生活に戻ってしまう可能性が高いです。週末や休みでも早起きをし、五月病にならないように今から心掛けましょう。

快適睡眠と早起きのコツとは

朝早起きがつらい、夜中何度も目が覚めてしまう、どんなに寝ても疲れが取れずいつも身体がだるい、日中のパフォーマンスが上がらない。忙しいビジネスマンには頭の痛い悩みではないでしょうか。早起きのためには体内時計をしっかりセッティングしておくことが健康の要であり、健やかな朝を迎える最大のコツです!

花冷えに注意。春の冷え対策

昼間は暖かい一方で、朝と夜は寒い。寒暖差が大きいのが春の特長です。気温差が激しく、生活環境も変わりやすいこの時期は、体調不良になりやすい時期。レッグウォーマーなどを利用して足元を温めたり、夜は湯舟に浸かったりと冷え対策をしっかりしましょう。